青汁が血液をサラサラにする|野菜の力で悪玉コレステロールを下げる効果

青汁が血液をサラサラにする

 

当サイトにお越しありがとうございます。当サイトを運営している中島です。

 

血液をサラサラにするには悪玉コレステロールの改善がとても大切です。そのときに、青汁がコレステロールの改善に役に立ちます。

 

青汁は野菜たっぷりなので本当に健康にいいんですよね。


血液がドロドロは危ない

血液がドロドロって何?

血液がドロドロの状態というのは、赤血球や白血球、血小板の量や質に異常が起こっている状態で粘土が高い状態です。善玉コレステロールよりも悪玉コレステロールの方が多く中性脂肪が多い状態とも言えます。

 

ドロドロの血液は動脈硬化になってしまい心筋梗塞、脳梗塞の可能性が高くなってしまいます。悪玉のコレステロールは、動脈壁に付着します。高血圧や活性酸素によって内皮細胞の傷から動脈壁の内側に行っていくのでそれが動脈硬化につなっが行きます。

 

活性酸素は、血液中よりも血管壁の方が多くLDLコレステロールは確実に酸化して酸化コレステロールになります。酸化コレステロールになれば白血球の一種であるマクロファージが血管壁に入っていき酸化コレステロールを食べて大きくくなるので血管が狭くなって動脈硬化になりそれが進むと血管壁が破れてしまい血栓が血管を塞いでしまい心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうんです。

 

血液をサラサラにする血液中の脂質を減らす事が大切です。コレステロール値を下げるためには、色々な方法がありますが、青汁は効果的です。

青汁が血液をサラサラにする理由とは?

青汁で血液をサラサラにできる理由は、やっぱり野菜の力が大きいです。野菜の食物繊維が脂質に吸着して一緒に排泄するように促してくれます。

 

特に、水溶性食物繊維がコレステロールを下げる働きがあります。水溶性食物繊維は、腸内での胆汁酸の吸収を阻害する事が出来ます。

 

胆汁酸は、コレステロールが原料で作れているので、吸収させずに体外に排出する事で、胆汁酸を産生するときに、コレステロールを消費するのでコレステロールを下げる事が出来るわけです。

 

水溶性食物繊維がコレステロールを下げる事が出来るです。そのため、青汁を飲む事でコレステロールを下げる事に期待する事が出来るんです

緑でサラナがコレステロールを下げる?

 

緑でサラナは特定健康食品でいわゆるトクホです。自社調べではありますが、9週間飲み続けて緑でサラナを飲む事でコレステロールを下げる事が出来ました。

 

サンスターには、野菜由来の天然アミノ酸「SMCS」が働いて、肝臓で処理されるコレステロールの量が増加したためです。

 

 

SMCSがコレステロールを胆汁酸に変える酵素を活性化したからです。

 

 

実際に飲んでみると分かるのですが、かなり飲みやすい青汁です。缶になっているので朝に1本、夜に1本、1日に2本飲むとかなり効果的だという事です。

 

青汁が苦手な人でも飲む事が出来ると思います。今、健康診断でコレステロールが高い、脂質が高いと言われている人は、一度飲んでみるといいと思います。