善玉コレステロールと悪玉コレステロールの働きと下げる方法とは?

コレステロールとは?

コレステロールは悪いイメージを持っている人が多いですがそんな事はありません。コレステロールは本来人間には必要な成分なんです。昔は、コレステロールが高い方がいいとされていましたが、今では考え方も変わり基準値である事が大切です。

 

コレステロール値は低すぎてもダメなんです。なぜなら、コレステロールが人間の身体に必要な成分だからです。では、コレステロールの働きとは?

 

コレステロールの働きとは?

コレステロールは、人間の身体の約60兆個もの膨大な数の細胞を持っています。コレステロールは、それらの細胞を構成するため細胞膜の材料であり、細胞膜を強くします。細胞を支える上で非常に重要な物質なんです。

 

また、コレステロールは生体機能を調節するホルモンや女性ホルモン、男性ホルモンを構成する上でも非常に重要な成分です。また、食事で得た脂肪などは消化吸収をサポートする胆汁酸もコレステロールを材料として肝臓で生成します。

 

コレステロールが不足すると免疫力が低下してして寿命を縮める結果になりかねません。

 

1日に必要なコレステロールは1〜1.5gが必要です。そのうちの70%〜80%が肝臓で合成されているて残りは食事からとる事ができるんです。

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの働きとは?

よく善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2つがあります。HDLコレステロールとLDLコレステロールと呼ばれていますが、本来は分けれるべきではないといわれています。

 

ですが、それぞれには違い働きがあります。また、コレステロールの働きを見てみましょう。
LDLコレステロールは、肝臓から各組織にコレステロールを届ける役目をしています。HDLコレステロールは余分なコレステロールを肝臓に戻す働きをしているんです。

 

つまり、悪玉コレステロールが全くないといった状態は好ましくなく、善玉と悪玉の2つのバランスが非常に重要で、機能していなければ健康に保つ事が出来ないんです。

 

LDLコレステロールが多いと動脈硬化のリスクが高くなる

LDLコレステロールは、動脈に入ると動脈壁に入りLDLコレステロールが入り込みます。そこで、善玉コレステロールが多くなれば悪玉コレステロールを回収してくれるので動脈壁に溜る事がありません。

 

しかし、善玉コレステロールが減ってしまうと悪玉コレステロールの回収率が減ってしまうので悪玉がどんどんたまってしまうんです。しかも動脈壁は活性酸素が多いので、悪玉コレステロールが酸化してしまう可能性が高くなってしまうんです。それでは、酸化してしまい酸化コレステロールになります。

 

酸化コレステロールになると免疫力が高めるために白血球であるマクロファージが血管壁に入っていき酸化コレステロールを食べてどんどん大きくなります。

 

すると、血管が狭くなってしまうので血流が悪くなり動脈硬化が進んでしまいます。すると血管壁が破れて血栓がそれを止血して血管を塞いでしまい心筋梗塞や脳梗塞になる可能性が高くなってしまいます。

 

だから、悪玉コレステロールを少なくして、善玉コレステロールを増やしてバランスを取る事がとても大切なんです。