女性ホルモンが悪玉コレステロールを減らすので動脈硬化のリスクが低い

女性ホルモンがコレステロールを減らす

女性は、男性よりも心筋梗塞、狭心症の発生率が男性の半分程です。確かに、男性がなるような病気のイメージが強いですよね。これは、女性ホルモンに関係しているのではないかと考えられています。

 

女性ホルモンであるエストロゲンが悪玉コレステロールを下げる事で動脈硬化の進行を抑える事が出来ます。エストロゲンは卵巣から分泌されており、それが肝臓に働きかける事でLDLコレステロールの受容体を増やして血中コレステロールの増加を抑える事が出来ます。

 

そして、善玉コレステロールの合成そを促進するため、リスクが軽減していると考えられています。だから、女性の月経が10代〜40代の間で起こるので進行を抑える事が出来ます。

 

閉経後はコレステロールが高めになるので注意

女性ホルモンが分泌されているときは、いいのですが、閉経後は悪玉コレステロールを減らすための女性ホルモンが分泌されなくなってしまいます。だから、50代以降は、コレステロールが急に多くなるので脂質異常症になってしまう人がいます。

 

ただ、男性のように徐々に悪くなるわけではなく閉経後から動脈硬化が進むので男性よリはリスクが低いのではないでしょうか?食事で脂質ばかり食べていればやっぱり、あぶないですよね。