男性は虚血性疾患病の可能性が高い|30代以降のコレステロール値に注意

男性は虚血性心疾患のリスクが高い

20代であれば虚血性心疾患の発病リスクは低いです。男性の場合は、30代からコレステロール値や中性脂肪が上がりやすくなっています。そのため、女性ホルモンでコレステロール値を下げる事ができますが、男性はそうはいきません。

 

そのため、徐々に動脈硬化が進んでしまいは発症リスクがなくなってしまうんです。ですが、女性のように閉経後から急激にコレステロール値が高くなりますが、男性は加齢によるものがなく急激なコレステロール値の変化があります。

 

会社での健康診断でコレステロール値が高いと指摘を受けているようであれば今のうちから対策をするのが大切です。いたいばん大切んおは、生活習慣の改善です。

 

特に今、肥満であるなら肥満を改善することや過食とお酒の飲み過ぎには注意が必要です。また、喫煙をしているようであれば禁煙をする事がとても大切なんです。

 

動脈硬化は本当に危ない

50歳以上の男性は、動脈硬化の進行によって手足の動脈が狭くなってしまい血液の流れが悪くなってしまいます。手足が冷たくなったり、足が痛くなってしまうと眠れないといった症状になってしまいます。

 

動脈硬化が進めば心筋梗塞や脳梗塞の可能性がますます高くなってしまうんです。