血液をサラサラにするヨーグルトの乳酸菌と豆乳の有効成分が凄い

血液をサラサラにする乳製品が凄い

 

当サイトにお越しありがとうございます。当サイトを運営している中島です。

 

血液をサラサラにするためには、乳製品が私達の強い味方になってくれます。

 

ドロドロの血液を綺麗にするためにもとてもいいと思います。


乳製品はコレステロール改善に!

ヨーグルトの乳酸菌がコレステロールを排出

ヨーグルトに含まれている成分はほぼ牛乳と同じで、たんぱく質、カルシウム、脂質、ビタミン類です。ヨーグルトは牛乳を乳酸発酵して作るため、ヨーグルトは乳酸菌の働きに注目したい商品です。

 

乳酸菌については知っている人も多いと思いますが、善玉菌を増やして悪玉菌を抑制する働きがあります。腸の動きを活発化させて免疫力を高めて便秘や下痢を改善する事が出来ます。

 

注目したいのが、乳酸菌にはコレステロール値を下げる働きがあります。乳酸菌の表面には、ポリサッカライドとペプチドグリカンというネバネバ粘性のある物質が付着しています。

 

ヨーグルトを食べると乳酸菌が腸に到達して、腸内のコレステロールにくっつついて便として排出することが出来ます。もう一つ、嬉しいのが肝臓で作れる胆汁酸を分解する働きがあります。

 

胆汁酸は、コレステロールを原料にしているので新しく作る事で血中コレステロールを下げる事につながります。

豆乳の有効成分がコレステロールにいい

豆乳は、大豆の栄養成分を持っています。豆乳のたんぱく質には、コレステロールの吸収を抑える事が出来ます。その他にも8種類のア必須アミノ酸がすべてバランスよく含まれています。

 

また、豆乳にはリン脂質が含まれており、脂と水を乳化する作用があって、血管壁に付着した悪玉コレステロールを減らす働きもあります。大豆の成分をそのまま引きついでいるので、大豆イソフラボンやサポニンもあり、脂肪の蓄積を抑えて、老化のもととなる脂肪酸や活性酸素を除去します。

 

豆乳に含まれている脂肪は、リノール酸とα-リノレン酸という不飽和脂肪酸で悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きまであります。