血液をサラサラにするなら黒酢のクエン酸とにんにくのアリシンが有効

血液をサラサラにする酢とにんにく

 

当サイトにお越しありがとうございます。当サイトを運営している中島です。

 

血液をサラサラにしたいなら酢とにんにくがとても役に立ちます。

 

LDLコレステロールを酸化させない事が血液を健康にする第一歩です。


血液をサラサラにする酢とにんにく

にんにくで動脈硬化の予防

にんにくは、血液をサラサラにする成分であるアリシンが含まれています。にんにくの嫌なな臭いがこのアリシンでイオウ化合物の一種です。アリシンは、体内に入るとビタミンB1と結合してアリチアミンというう物質になります。この物質は、ビタミンB1の吸収を促進する働きがあります。

 

このアリシアンは、強い抗酸化作用があり活性酸素を除去する事が出来ます。活性酸素が中性脂肪やコレステロールを過酸化脂質に替えてドロドロの血液にします。悪玉コレステロールが血管壁に入り活性酸素により酸化してしまうと血管を狭くしてしまう原因になってしまうんです。

 

抗酸化作用を持つ成分は血液をサラサラにするためにも大切な成分の1つです。

 

その酢ですが、その中でも黒酢がアミノ酸が豊富でしっかりとる事ができます。黒酢を選ぶときは黒酢もろみがどうかしっかり確認した包が良いです。

酢のクエン酸と酢酸が血液にいい

酢の主成分は、クエン酸と酢酸の2つです。それ以外にも70種類もの有機物がありアミノ酸も一緒に含まれています。この酢は色々と含まれていますが、注目されているのがクエン酸と酢酸です。この2つには、生活習慣病や動脈硬化の予防に役に立ちます。

 

クエン酸には、強力なアルカリ作用を持っています。食生活の乱れにともなって肉類や甘い物ばかり食べて酸化した身体を弱アルカリ性の健康な体にする事ができます。また、乳酸の分解も促進するので疲労回復にもいいといわれています。

 

さらに、抗酸化物質なのでLDLコレステロールの酸化も防ぐ事が出来るので動脈硬化の改善に有効です。

 

酢酸は、脂質代謝と糖代謝を促進する働きがあるので血液の粘土を低下させる事で血液をサラサラにします。血液がサラサラになればそれだけ血栓が出来にくくなるので心筋梗塞や脳梗塞の予防になります。酢でも特に黒酢の方が健康面で考えればお勧めです。

三黒の美酢で血液をサラサラに!

三黒の美酢は、黒にんにくと黒酢を効率的にとれる商品です。今、血液がドロドロで悩んでいる人は試してみてどうでしょうか?黒にんにくと黒酢だけでなく中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させる作用があるDHAとEPAも一緒に含まれています。

 

▼三黒の美酢 公式サイトはこちら▼

コース 初回価格 2回目以降 容量
通常購入 2,800円+税 × 約1ヶ月
定期コース 980円 2,660円 約1ヶ月

※15日間の返金保証が付ています。
※解約・休止はいつでもできます。

三黒の美酢の総評

三黒の美酢は、もちろんDHAとEPAが配合されています。

 

黒にんいくを使用しているのでポリフェノールの含有量が非常に多く抗酸化作用に期待ができます。もちろん、アミノ酸もしっかりとれる点もいいです。

 

値段も手ごろで手が出しやすい商品という印象です。