血液をサラサラにするのに玉ねぎのケルセチンが脂肪の排出をする

玉ねぎが血液をサラサラにする?

 

当サイトにお越しありがとうございます。当サイトを運営している中島です。

 

血液をサラサラにするのに玉ねぎがいい!血液をサラサラにして動脈硬化や血栓を予防することが出来ます。


玉ねぎがLDLの酸化を抑える


玉ねぎが血液をサラサラにする理由とは?

玉ねぎには、ポリフェノールの一種であるケルセチンという成分が含まれています。ケルセチンは、脂質と結びつく作用があり腸内の脂肪とくっついて脂肪を固めます。それで、便と一緒に排出されます。こういった作用があるのでコレステロールや中性脂肪を改善することに期待されているわけです。

 

また、抗酸化作用があるためLDLコレステロールの酸化を防ぐ事が出来ます。酸化して酸化コレステロールになると血管壁がどんどん膨らんでいってしまいそれが血管を狭くしたり最悪の場合は破れてしまい血栓で塞がれて心筋梗塞を引き起こしている可能性があります。

 

玉ねぎには、イソアリインという硫黄化合物が含まれています。このイソアリインは、コレステロール値や中性脂肪を下げる働きがあります。脂質の処理もするので血液をサラサラにする事が出来ます、また、血液を固まりづらくするので、血栓の形成を予防する事が出来ます。